他の融資と違って使いやすい不動産担保ローンのメリット

素早く資金調達ができるが返済期間には注意しよう

低金利で融資が受けられる不動産担保ローン | 素早く資金調達ができるが返済期間には注意しよう | 担保となる不動産価値の変動が及ぼすデメリット | 不動産担保ローンを利用して感じたこと

そもそも、銀行側は不動産を担保として預かっている状況にあるわけですから、万が一の事態が生じたとしてもその不動産を現金に換金することによって、その債権を回収することができるという側面があります。
そのため、銀行側で厳格に使用用途を決めなくても安心してお金を貸すことができるという傾向が存在するのです。
実際に、私の場合はつなぎ融資の一環として利用したという側面もあります。
私は、将来的に別のサービスによって融資を受けられることが決まっていたにも関わらず、今すぐお金が欲しいので借りました。
つまり、このような状況でもこういったサービスは利用できます。
資金調達について非常にスピード感のある融資を行ってもらえますので、この点も時間のかかる他の融資とは大きく違っている特徴であるといえます。
もちろん、全てにおいてメリットがあるわけではありません。
デメリットにも注意をすることが、賢明であると考えられています。
例えば、低金利は不動産担保ローンにとってメリットになりますが、デメリット面も少なからず存在するということを理解しておかなくてはいけません。
不動産担保ローンでは、基本的に大きな金額を相手に対して貸すことを考えてサービスを提供していますので、それに応じた金利が設定されることになります。
低金利であった場合には、それだけ銀行も大きな利益を得られるという確信があって、その金利にしています。
これは、返済時の負担が状況によっては大きくなってしまう可能性に繋がります。
私のケースでは、こういった低金利で利用できるサービスというのは返済期間が長くなってしまう可能性が示唆されました。
話し合いで長い期間での返済は避けましたが、何も知らないで交渉を行うと低金利で長期の負担を強いられることになります。
本当にその期間で利用しても問題ないのかということを、確認していく必要があります。

“不動産担保ローンが人気の理由!銀行から低金利で融資が受けられる | お金がないなんて言わないnet” (1 user) https://t.co/ia55oP1WbD

— トレンド速報 (@tore1112) 2016年5月19日