他の融資と違って使いやすい不動産担保ローンのメリット

担保となる不動産価値の変動が及ぼすデメリット

低金利で融資が受けられる不動産担保ローン | 素早く資金調達ができるが返済期間には注意しよう | 担保となる不動産価値の変動が及ぼすデメリット | 不動産担保ローンを利用して感じたこと

さらに、不動産特有のデメリットも存在します。
これは、担保価値が下がってしまうようなケースです。
これに関しては、私は特に気を使った条件だといえます。
不動産というのは、現金とは異なってその状況で確固たる価値が存在するものではありません。
不動産には相場が存在しますので、仮にその周辺地域の地価が大きく変動してしまった時にはその地価に応じて不動産が価格も下がってしまう可能性は十分に存在します。
この場合、融資を提供している当事者である銀行がそれに見合った不動産価値が存在しないと判断することもあります。
つまり、追加担保として別の担保を提供しなくてはならなくなる可能性も存在します。
私の融資では、幸いにもこういった状況にならなかったため安心でしたが、状況によっては非常に大きな負担になることがあります。
不動産価値は常に変動しますので、追加担保を求められた時にそれに対応することができないと、大きな損失に繋がってしまう可能性も存在します。
ですから、お金を借りる時には本当にその不動産担保ローンを利用しても問題ないのかどうかということを慎重に考えなくてはならないわけです。
私のように、銀行側とよく話し合うことも非常に大切な作業だといえます。

不動産担保ローン | ローン一覧